Re:ゼロから始める脱炭水化物生活



・ワンピースと無駄に大きなテレビとドレスアップした国産車

 

人間の脳は、見るディスプレーが大きければ大きいほどそこから得る情報をより信用するのかもしれない。

 

不釣り合いなほど大きなテレビがある部屋の住人は、往々にしてテレビっ子でテレビタレントの話題が好きだと思いませんか?

 

なんというか、マイルドヤンキー的な感覚というか。

 

きっと画面の大きさと没入感は比例しているに違いありません。

 

 

かつてナチスドイツがプロパガンダに利用したように、テレビはたいへん有効な洗脳装置です。

 

 

「なにを知ろうとするか?」ってとても大事なんだな。

 

 

ぼんやりと思う木曜の午後、思わず立ち止まって考えてみました。

 

・・・・・・それって、「食」においても同様ではないでしょうか。

 

 

「なにを摂取するか?」

 

日々の食生活の中で意識していないと食事が偏ってきます。

 

ひいては、それは身体にも影響します。

 

 

中華圏を除く先進国において、貧困と肥満の相関性はもはや自明です。

 

「安いから」「好きだから」

 

購買の主な理由がそればかりでは、人間はいとも容易く健康を損ないます。

(参考記事:【感動のラスト】苦手な食べ物でも一週間食べ続ければ好きになる説

 

 

 

 

「ねえ、脱・炭水化物チャレンジってどうかしら?」

 

二ヶ月ほど前でした。

 

ブログのネタが無いと嘆くワタクシに”自意識過剰界隈”のKさんがアイディアを出してくれたのがきっかけでした。

 

「やってみようかな。どうせそんなの余裕でしょ」

 

その時は悪し様に言ったワタクシ、そのことを先ほどまですっかり忘れていました。

 

が、それを思い出した今、挑戦せずにはいられません。

 

従いまして、今(4月25日の夕方)から、

「脱・炭水化物チャレンジ」

を開始いたします。

 

とはいえ厳密に言えばあらゆる食材には微量の炭水化物は含まれています。

 

ですので、今回は

 

「ごはん、パン類、麺類」を禁止した食生活で体重をコントロールしたいと思います。

 

それではちょいちょいブログにて経過報告いたします。

ご期待下さい!。

SNSフォローもよろしくお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
Twitter
Instagram
Facebook
Feedly
YouTube
LINE@


よろしければクリックお願い致します。

食べログ グルメブログランキング


関連記事はこちら。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓