アルコール入りチョコレート、何粒食べたら飲酒運転の基準値になるのか調べてみた。




あ、ども。

 

 

ヴァレンタインが近づくと、ぼくらは進駐軍のジープを追いかけたあの頃を思い出して思わず声をあげてしまいます。

 

 

「ギブ・ミー・チョコレー!!!」

 

 

 

 

今の姿からは想像もできないでしょうが、ワタクシも小学生の頃は女子からチョコレートを頂けるクラスの一軍だったのです。

 

 

しかし長ずるにつれてカーストはダダ下がり、いつからか、酔っ払って帰ってきたオカンがミルク味の森永ダースを部屋に放り込んでくるだけの義理チョコ野郎に成り下がってしまいました。

実母なのに義理って。

 

 

 

 

 

 

さて、自意識過剰界隈では弱いクセに酒好きとして有名なワタクシですが、よく見たらスウィートな男なので(はぁ?)、甘いものも大好きだったりします。

 

 

というわけで今回は、

 

アルコール入りチョコレート、何粒食べたら飲酒運転の基準値になるのか調べてみた。

 

です。

 

 

 

 

まずは「ぼくらのインフラ」ことアマゾンにアクセス。

 

 

 

 

 

 

今回は「メイトー大人の洋酒チョコレート」のアソートを

 

 

 

 

(*´∀`*)・・・・いくつ買おうかな???

 

 

(*´∀`*)まあテキトーに2パックくらいで基準値いくんじゃね?

 

 

(*´∀`*)じゃあ念の為3パック!ポチ!

 

 

 

めっちゃざっくりした脳内会議で即決。

 

 

 

 

数日後、届いたチョコレートをテーブルに並べ、

 

 

 

 

 

 

 

実・験・開・始☆

 

 

 

まずはあらかじめ喫食前の血中アルコール濃度をチェック。

 

もちろんゼロ。

 

 

 

それでは食べましょう。

 

 

 

(*´∀`*)まずは手始めに、味が3種類あるので一粒ずついただきましょうか。

 

 

ワイン「・・・・(好みの味じゃない)・・・・」

ラム「・・・・(さらに無理)・・・・」

ブランデー「・・・・(っんまい!)・・・・」

 

 

 

三者三様の味わいに舌鼓ポポポンッと打ったところで、一回目の計測。

 

↓↓↓↓↓↓

 

 

 

 

 

はぁ?

( ゚д゚)

 

 

嘘でしょ??

 

 

基準値の4倍以上!!!!

 

 

 

ということで今日のブログは以上、どうもありが・・・・・

 

 

 

 

 

 

いやいやいやいやい!

 

 

 

 

念の為、10分後に再計測してみると、

 

 

 

 

 

 

 

 

それでもまだ基準値の3倍!!!!

 

 

 

チョコレート3粒食べただけなのに!!

 

 

 

 

 

 

 

さらに5分経過してからの再計測。

 

 

 

( ゚д゚)まだ基準値を超えてる。

 

 

 

 

 

 

そう。

 

 

 

今はっきりしました。

 

 

 

 

本邦では、洋酒入りチョコレートを食べて運転しただけで14日勾留の「そこそこの犯罪者」になってしまうのです。

 

 

 

 

チョコレートも食べられないこんな世の中じゃポイズンです。

 

 

 

 

 

 

という訳で、今回の検証結果は↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました