【感動のラスト】苦手な食べ物でも一週間食べ続ければ好きになる説




 

あ、ども。

 

さて、大人になっても「苦手な食べ物」は案外あるものです。

 

 

あの偉い発明家も凶悪な犯罪者もみんな苦手な食べ物はあります。

 

とはいえ、苦手を苦手のままにしていては「食の喜び」を自ら閉ざしてしまっているようなものだと思うのです。

 

苦手を克服すれば、人生はより彩りと風合いに富んだ面白いものになると思うのです。

 

 

それはもちろん「食」に限ったことではないのですが。。。

 

 

そこで考えました。

 

 

「苦手な食べ物でも一週間食べ続ければ好きになる説」

 

 

と、言うわけで・・・・・・

 

 

 

【被験者】ワタクシ

【期日】12月16日~12月22日

【ルール】

・あまり好きではない「牛乳」か「牛肉」を毎日摂取する。

・毎日三食食べなくてもいいが、食事には必ず牛肉を含む。

・17時以降は白米を食べてはいけない。(店にいる時間に白米を許してしまうと、牛肉抜きでも満腹になれてしまうので実験の精度を欠く為)

・飲み物と甘味はいくら摂取してもいい。(甘え)

・しかし大量の甘味で強引に満腹にして食事を避けるのはNG。

・牛肉を含んでいれば副菜や付け合せは自由。

・食べたものを日記につける。

 

 

 

どうでしょうか。

 

 

果敢なる挑戦です。

 

 

自らの食の幅を広げんとワタクシは今、立ち上がりました。

 

 

この説が実証されれば、子供の偏食に悩むお母さんの悩みを解決できるかもしれません。

 

 

あるいは、人類を飢餓から開放する一助になるかもしれません。

 

 

それでは、おごそかに検証を開始させて頂きます!

 

 

 

(以下、日記からの転載の為、文章に大きな乱れがあります)

 

 

12月16日(日)

 

今日は休業日。

昼過ぎに起床し、夕方から新宿までおさんぽ。

夜になり震えるほどの空腹を抱えながら新宿を彷徨。

今なら何を出されてもたらふく平らげられる。気がする。

 

一食目、AUS産アンガスビーフ。

 

をステーキにして。

 

秘伝の、淡路島オニオンスパイス。

 

 

これをぶっかければ資本主義下のあらゆるものがおいしく食えるという魔法の粉。

 

プリンと飲むヨーグルトとチアシードスムージーも併用して栄養のバランスを保つ。直後、

 

 

それをチャラにするビール。

 

 

 

 

 

深夜、まさかの空腹。業務用ハンバーグで追い牛肉する。胃がもたれる。

 

 

 

深夜、面白いツイート見つけて思わず笑う。こんなんで笑うってことは酔ってるってこと。でもあるあるなんだよね、その認知の迷走。

 

おれが美人っていう人、みんなブスって言うしな。ちょっと違うけど。

 

おれはこの現象をブルーオーシャンって呼んでるけどね。てへ。

 

 

帰途、コンビニで牛モツスナックを買う。野良猫用ではなく自分用の。

 

 

 

 

12月17日(月)

 

 

朝、ビーフカレーパン。自宅はパンだらけ。憎きイースト菌め。

 

 

午前、膨満感。ランチの準備をしながら緑茶がすすむ。生茶ではなく、選ばれたのは綾鷹でした。

 

 

 

午後、アメリカ産ステーキ。250gくらい。満腹感が乏しい。米も食べるべき。でも食べない。

 

 

 

 

夕方、ヨーグルトに蜂蜜をかけて。それとクランキー。

 

 

 

 

深夜、へんな感じの空腹? 空腹ではないけど胃が荒れているのか何かを胃にぶち込みたい。白米はだめなので、ルールにのっとってステーキ。

 

 

わさび醤油で。

 

 

今から帰るじゃん?シャワー浴びるじゃん?寝るじゃん?起きるじゃん?そんで、またビーフカレーパン食べると思うと、憂鬱を前借りしている気分。この金利は極めて高い。

 

 

帰宅、ウエハース的なのと罪滅ぼしの牛乳。

 

牛乳の一口目はステーキと同じ匂いがする。飲むステーキ。なにそれ、いかほど~?(どんだけ~のフロウで)

 

 

 

 

12月18日(火)

 

 

朝、ビーフカレーパンとタルト・オ・ショコラ。甘すぎて残す。常にへんな満腹感。

 

 

午後、コンビニでカルビ丼。まだ17時前なのでライスokタイム。

 

 

ランプフィッシュキャビアを載せて魚卵感を精一杯だしてみるお。

 

 

 

魚卵withご飯が美味え!

 

 

 

 

久しぶりの米で満腹すぎて辛いぜ米米。え?こめこめ?いや違う。こう読むんだ。ベイベーさ。

 

 

 

 

夕方、キウイをいただく。ビタミンそのものの味がした。気がした。

 

 

 

深夜、ステーキ。やはりオニオンスパイスとワサビが美味。山椒も悪くない。

 

 

 

12月19日(水)

 

 

午後。なのに1食目。

 

 

 

ボロネーゼ。青の洞窟シリーズ。このパスタソースは安物の豚鶏合挽きボロネーゼなどではないのである。これはもはやパスタではなく牛肉といっていいであろう。

 

 

 

 

 

それと、パストラミビーフフォカッチャ。これも決してドーピングではない。サイドには甘味としてお団子、チョコレート、ディスコも併用して精神の健康を手に入れる。

 

 

 

 

深夜、ビーフカレー。神田神保町エチオピアのレトルト。ルールに反さぬようライスはなし。辛い。胃が荒れてゆくのを手に取るように感じる。

 

 

 

 

帰宅後、もはや朝寄りの夜。

 

チーズケーキ。

 

甘味は正義。

 

エモ寄りのエモ。

 

 

こうして振り返ると、今日、食欲バグってる。

 

 

プレモル、キリンホールディングスの株買ったらあれよあれよと200円も下落したので腹いせにサントリー製品を飲む。

 

 

 

12月20日(木)

 

 

朝、みかん、チェリー、牛乳。ルール的にはセーフ。だよね?

 

午後、炒めるタイプの牛肉。

 

 

形成肉とて、肉である。

 

お前が形成肉を調理する時、形成肉もまたお前を形作るのである。

 

そう。すなわち形成さ。

 

 

夜、営業中にハンバーグをば。目の前にあったものを添えて。

 

 

12月21日(金)

 

 

午前、苺みるく。これはほぼ牛乳。

 

 

いちごもみるくも名前っぽい。メイド喫茶のメイドの名前っぽい。

 

 

 

午後、松屋テイクアウト。プレミアム牛めし。プレミアムのプレミアムたる所以とはなんだったのか。

 

謎にサラダがついててとってもファビュラス。

 

サラダにはドレッシングがナッシング。そのまま頂きます。いわゆるノンドレってやつねこれ。

 

野菜はそのままでも食える。牛肉は強めに味が付いていた方がいい。

 

いわば野菜はジェシカとアンジェリカ。

 

牛肉はカレン。

 

カレンは、そのままでは難しいのである。

 

 

ゲンダーことハーゲンダッツもいただく。ゲンダぁ~のホイットニー・ヒューストン感。

 

 

12月22日(土)

 

朝、マックをテイクアウト。

 

 

本当はありきたりなカフェでエモーショナルなサンドウィッチを食べたい。

大事なことなので繰り返す。

本当はありきたりなカフェでエモーショナルなサンドウィッチを食べたい。

 

 

バーガーを包み紙を開くと、獣の匂いがした。今日もビーフか。

 

マジ久しぶりにハッシュポテトとの邂逅。こいつ中学の同級生みたいな頻度でしか見ない。

 

マックの油は、テレビで見る森公美子のアップよりキツイ。

 

獣バーガーを半分残す。

 

魚に恋わずらいして病む。

 

 

夜、営業中にステーキ焼くのははばかられる。

 

と言いつつ食べないまま眠る。

 

 

最終日の最後の食事は缶ビールだけ。

 

 

それではシマリが悪いので。。。一日延長。

 

 

12月23日(日)

 

 

天皇陛下、ハピバ♡

 

陛下のおたんじょうびを祝って、ステーキ焼いてみたよ。

 

 

開始から8日目。最後の牛肉は薄めのアンガスビーフ。

 

最後なので、薄さ5mmくらいのステーキを、切らずにガブガブする。

 

肉を平らげるカタルシス。

 

 

とにかく、一週間走破したという事実に暖かくて潤った何かが心臓のあたりで満ちてくる。

 

食後、ジムにいく。腹筋が痛い。なんぞ??

 

うっかりマスクしたまま筋トレする。恥ずかしい。

 

最後の食事は、動画を撮ってみた。

 

感動の動画です。

 

 

これを見たら、きっと皆さまも嫌いな食べ物に挑戦する勇気が湧いてくる。はず。

 

 

それではごらんください。

 

 

 

 

というわけで一週間駆け抜けました\(^o^)/

 

別に感動しませんでしたね(*´∀`*)

 

 

タイトルとURLをコピーしました