【飲酒運転チャレンジ】何時間経てば運転できるのか【検証】





 

まずは(前記事)をご一読ください。

 

そこでひとつの疑問が浮かびました。

 

 

では、逆に

何時間経てば運転できる水準にまでアルコール値が下がるのか?

 

 

そう思いませんか?

 

 

飲酒直後に運転することはなくても翌朝に運転を控えている場合、果たして何時間前に飲酒を止めればいいのだろうか?

 

 

本日は、なんとこの疑問にも正解を出しました\(^o^)/

 

 

それでは御覧ください。ワタクシの戦いの記録です。

 

 


 

昨夜のことでした。

 

 

深夜、閉店後の店内で事務作業をしていると突然ドアが開くやいなや、

 

 

「マスター!今から飲み行こう♪」

 

 

常連のFさんから出会い頭のお誘いに、ぼくも作業の手を止めダウンを羽織りサンダルのまま外出。

 

この間わずか1分です。

 

そう。

 

時に「飲もう」という言葉は強い磁力で人間を惑溺します。

 

 

特に奔放で気ままな性格のワタクシには効果はテキメンです(ノ´∀`*)

 

 

というわけで、

 

 

そこから、

 

 

なんと、

 

 

翌朝4時までヘヴィー・ドリンキングをキメて

 

 

泥&酔!

 

 

もはやワタクシは人間の完成品!

 

 

酩酊の最終進化系ことヘロヘロの実の能力者となったワタクシは

 

 

海賊王にオレはなる!

 

 

みたいなテンションでこう思いました。

 

 

 

(*´∀`*)

 

そうだ・・・・例のヤツ、今からオレは検証する!

 

 

 

決心からの初動の速さには定評のあるワタクシ。

 

 

すぐに「アルコールチェッカー」を取り出して計測!

 

 

 

(いちいち計算を欠くのが面倒なので、血中アルコール濃度(BAC)を呼気中アルコール量(BrAC)に変換した数値を画像に書き込みました。)

 

 

 

 

検証開始時点でのBrACは

 

 

0.55mg/L。

 

 

 

酒気帯び運転の基準値は、

0.15mg以上0.25mg未満ーーー違反点数13点、免停90日。

                   0.25mg以上ーーー違反点数25点、免取2年。

         歩けないほどの状態ーーー違反点数35点、免取3年。

 

 

なので、当然免取3年のレベルです。

 

 

まあ、実際にまっすぐ歩けてない訳ですしね(ノ´∀`*)てへ。

 

 

 

そして事務作業を再開しつつ、1時間経過後の数値は、

 

 

0.60mg/L

 

 

 

増えてる!!!

 

 

 

どして??(´・ω・`)

 

 

 

ちなみに正確性を追求したいので、検証期間中は水分を一切摂取してません。

 

もしかしたらそれが原因で血中アルコール濃度が高く振れたかもしれません。

 

 

1時間経過してものビールを1ショット飲んだ直後と同じ数値です。

 

 

すなわち、アルコールは1時間ではほとんど分解されないということ?ですか?そうなの?

 

 

ふぅん。

 

 

知らんかった。

 

 

 

そして睡眠を挟んで、、、、

 

 

5時間経過後の数値は、、、、、

 

 

 

0.50mg/L。

 

 

 

うえ~ん(´;ω;`)

 

 

ほとんど変わってね~!!!

 

 

 

5時間も経ってるのに(´・ω・`)

 

 

 

 

間に睡眠まではさんでるのに(´・ω・`)

 

 

 

どうしてなんだぜ????

 

 

 

 

というわけでさらに一時間後。

 

 

0.45mg/L

 

 

 

微妙。

 

 

少しずつ数値は下がっていっているものの、まだまだ3年間の免許取り消しレベルです。

 

 

 

 

ではさらに1時間後。開始から7時間です。

 

 

0.35mg/L

 

 

 

まだまだ3年免許取り消しレベルです。

 

 

 

これはたいへん驚きです。

 

 

もしかすると、吉澤被告の「0時くらいまで自宅で飲んでいた」という供述は本当だったのかもしれません。

 

 

ちなみに被験者ワタクシ的には、

 

 

酔っているという感覚はもうほぼありませんが、運転はまだ難しい感じがします。

 

 

というかそんなことより、非っ常~にのどが乾きます。

 

 

のどが乾きすぎて、動きたくありません。

 

 

オフトゥンに伏臥したままぼんやりといろんなことを考えるのですが、あやうく意識を失いそうになります。

 

 

 

・・・イカンイカン。

 

 

これは二度寝ではなく軽度の失神だ。

 

 

しっかりしろ、自分。

 

 

 

不思議なものです。

 

 

 

未体験の飢餓感に脳を侵され、思考が妙に思弁的になります。

 

 

 

混濁した意識の中で、なぜこんなにも我慢をしているのか。

 

 

 

ブロガーとしての意地なのか。

 

 

面白いブログを書きたいという願望からくるものなのか。

 

 

だとすれば、ここでうっかり水を飲んでしまうのもアリなのでは?

 

 

それはそれで笑える方向へもっていけるのでは?

 

 

でもそんな意志の弱い自分を許せるか?

 

 

たかが水ごときで?

 

 

嗚呼。

 

 

それにしても。

 

 

水がほしい。

 

 

もはや「ほしい」という自動詞の感情ではなく、

 

「摂取せよ」という使役形他動詞の要求なんじゃないだろうか?

 

 

 

・・・なにを言ってるんだ俺は?

 

 

 

果たしてここは本当に真冬の東京なのか?

 

 

炎天下のナイル川沿いで砂にまみれて倒れているような気分だな。

 

 

道に倒れて誰かの名を呼び続けたことがありますか?

 

 

それは中島みゆきの歌詞だった。気がする。

 

 

ところで

 

東京の人は「バカ」を副詞に使わないような気がしなくもない。

 

 

ばか可愛いとかバカ安いとか。

 

 

あれって方言だったのかな?

 

 

中野区の人はギザを副詞に使うけどね。

 

 

あ、そろそろ時間だ。

 

 

 

というわけで開始から8時間。

 

 

0.20mg/L

 

 

おおっ!

 

だいぶ下がってきた。

 

 

今なら90日の免停レベルだ。

 

 

だからって今すぐ運転できるか?

 

 

いいや、運転するくらいなら起き上がってまず水を飲む。

 

 

ああ、のどが乾いた。

 

 

ダイソンを咥えて思いっきり吸引されてるみたいだ。

 

 

やばいね、それ。

 

 

吸引力が衰えないただ一つの掃除機。ってコピーだったしね。

 

 

ルートサイクロン方式による遠心分離の力で空気とゴミを分けるしね。

 

 

だからフィルター不要だし排気がクリーンなんだよね、たしか。

 

 

ん?

 

 

キッチンで物音がする。

 

 

妻がご飯でも作っているのかな。

 

 

のどが渇いた。

 

 

もうこのまま溶けて布団と一体化してしまいたい。

 

 

レースのカーテン越しに差す光が忌々しい。

 

 

だれかこのダイソンを止めてくれ!

 

 

苦しい。

 

 

この感情もブログ用にメモしとかなくちゃ。

 

 

ん?

 

 

なんだこの「オリジナル偏見」ってメモ。

 

 

マヨラー、大抵ばか。

(加齢による肥満ではなく、若くて)太ってるヤツ、嘘つきがち。

ドン・キホーテで深夜買い物してるヤツ、純愛してそう。

フランス人と結婚した女、自分もフランス人になったかのように勘違いしがち。

カラコン女子、無条件に全員超かわいい。

若い頃のやんちゃ自慢するヤツ、大抵出世してない。

バブルのノリ引きずってるやつ、中身ない。

目が悪いのにメガネかけないヤツ、性格がいい加減。

関西人じゃないのに関西弁使うヤツ、ナルシスト。

左利き、自分の話ばっかりしがち。

休日、卵でとじたもの食べたくなりがち。

食事中、幼児退行しがち。

 

 

 

コレなんぞ??

 

 

いつかメモっておいた「オリジナル偏見」じゃないか。

 

 

なんのためにメモったんだっけ?

 

 

一発目の「マヨラー、大抵ばか」とか偏見オブ偏見じゃん。

 

 

・・・・おもろいな、過去の自分(ノ´∀`*)

 

 

なんだか嬉しくなっちゃった(*´∀`*)

 

 

あ( ゚д゚)ハッ!

 

 

ニヤニヤしてたら30分経ってる!

 

 

計測してみよう。

 

 

 

 

0.15mg/L

 

 

 

 

パンパカパーンッ!!!

 

 

 

うおーーーーーー!!!

 

 

 

やったぞー!

 

 

おれはやったんだーーー!!!

 

 

ついにワタクシの体は酒気帯び運転の基準値にまでアルコールを分解したのです。

 

 

素晴らしき人体。

 

頭の中で流れ出すロッキーのエンディング曲。

 

くす玉が割れ、舞い散る紙吹雪。

 

遠くで上がる祝砲。

 

海岸で打ち上がる花火。

 

人民の喝采。

 

クラクション。

 

おめでとうございますの声。

 

そう。

 

ついにワタクシはここで宣言します。

 

 

泥酔していても8時間半経てば血中アルコール濃度は酒気帯び運転の基準値まで戻ります。

 

 

 

というわけで今回の検証結果は↓↓↓↓

 

 

 

 

 



タイトルとURLをコピーしました