ヴァイナル文學選書を買ったら母をリスペクトできた件

 

 

 

 

ここ数年は完全に電子書籍派だったのですが、先日、久々に紙の書籍を購入しました。

 

ヴァイナル文學選書というシリーズの新宿歌舞伎町編として歌舞伎町を舞台にした小説4作品をそれぞれ4人の書き手が書いています。

 

おそらく電子版にはならないと思います。なぜなら販売している書店も新宿あたりの特定の数店舗に限定されているのです。

 

わざわざ書店へ行って小説を買う。その行為自体が久しぶりで、なんとも言えない感慨がありました。

 

 

 

ぼくの親はあまり読書をするタイプではなく、美術が好きなので書棚は画集が多かったように思います。

 

ぼくがまだガラスの十代だった頃、そんな親をぼくはどこか下に見ているところがありました。

 

小中学校で「活字を読む=エライ」という教育a.k.a. 洗脳を受けたためだと思います。

 

日本人なら誰でも経験する通過儀礼ではありますが、思えばそれは教育の名を借りた価値観の押し付けに過ぎませんでした。

 

 

あまり活字を読まない親ってなんだか恥ずかしいな。そう考えていた十代の自分を「どんだけぇ~」の指のままペシっと殴ってやりたいです。

 

 

今になって、よくわかります。

 

小説読む時間なんて、ねぇよ!

 

女手一つで3つの子供を3人の大人に仕上げた母は昼夜問わず働いていました。

 

自分も十年前に飲食業界の沼に落ちてから、その気持ちがわかるようになりました。

 

フィクションの甘美な世界よりも、リアルにのしかかってくる現実を生きるのに必死なんだよ。

 

ここ大事だから繰り返します。

 

フィクションの甘美な世界よりも、リアルにのしかかってくる現実を生きるのに必死なんだよ!

 

 

 

 

そんな母から、先日、不意に連絡がありました。

 

 

 

「宅建試験に合格しました」

 

 

いやいやいやいやいやいや。

 

 

事務のおばちゃんがさらっと宅建受かってんじゃねーよ!

 

(ちなみに不動産業界歴ウン年の友人は今年もおちました。)

 

 

とはいえ、こうして還暦に手が届きそうになっても新たな挑戦をするくそマイペースな母を尊敬してもいます。

 

人間は年齢を問わず、次の一歩を踏み出すことができるんです。本人次第でね。

 

ここも重要なので繰り返します。

 

年齢を問わず、次の一歩を踏み出すことができるんです

 

 

 

 

 




 

 

 

・俺も挑戦に次ぐ挑戦を続けよう!

 

 

 

 

ランチ営業も軌道に乗ってる。

 

ワンオペ化もした。

 

(心は痛いけど)少し値上げもした。

 

その成果は今月のP/Lに反映されるでしょう。

 

最低限、財務三表を読み解けるように勉強してる。

 

味? もともと悪くないしっ!

 

 

 

 

 

では、次なる当店へのお客さんの要求ってなんだろう???

 

 

 

 

 

・・・・・ブログだ。

 

 

そうです。

 

 

ブログに言及されることが非っ常に多いのです。

 

正直、こっちが恥ずかしいくらい多いです。

 

おいしいね!よりもブログ面白いね!のほうが言われます。

 

2:8の割合で。

 

 

 

 

 

 

「ならばブログもしっかりと更新しなければならないなぁ(´・ω・`)」

 

 

 

しかし。。。。。

 

。。。。ブログに書くようなネタがない。_| ̄|○

 

 

 

 

おかげさまで毎日忙しくされていただいてますが、ブログに記すようなファンシーな出来事なんてそうそうありません。

 

なので、今回、みずからネタをつくってみました。

 

 

題して

 

 

「50音全部食べ尽くす!in中野坂上」

 

 

ルールは簡単です。

 

中野坂上の居酒屋をハシゴしながら、頭文字が「あ」~「わ」のメニューを制覇してしまおう。ついでに近隣店舗の視察をしてしまおうという企画です。

 

例えば焼き鳥の「もも」なら「も」。

焼き肉の「タン塩」なら「た」。

「レモンサワー」なら「れ」。

「プレミアムモルツ」なら「ふ」。

 

このようにすべての頭文字を制覇するまで飲んだくれようという魂胆なのです。

 

 

どうですか?

 

ややYouTuberっぽいでしょ?

 

 

 

しかし、、、、です。

 

 

ぼく一人では胃袋に限界があります。

 

 

ですので、ここで皆様にお願いです。

 

 

 

一緒に食べ尽くしませんか?????

 

 

人数が集まれば一人あたりの負荷は少なくなります。

 

是非一緒に食べ尽くして、ブログのネタに寄与してください!

 

 

 

 

ぼくも「オカンがなぜか宅建受かった」くらいインパクトのある挑戦をしたいのです!

 

一緒に挑戦しましょう!

 

ネクストのステップ、踏み出そうや!

 

 

 

 

店頭でもSNSでも参加を受け付けます!

 

どうかよろしくお願いいたします(ノ´∀`*)

 

あ、一応割り勘とさせて頂きます。禍根を残したくないので(*´ω`*)

 

 

 

それでは、お問い合わせお待ち申し上げます。

 

おやすみ世界!