ビールとジョイントは1日2本まで




 

あ、ども。

ファビュラスなワタクシでございます。

 

 

若いお客さんにはきっと解らないでしょうけれど、年齢を重ねると飲酒時の記憶力が著しく低下します。

 

 

ワンナイトラブの言い訳に使う「覚えてない」ではなく、ガチで海馬が仕事をしなくなるのです。

表裏一体の飲酒面しらふ面を裏返したり表にしたりしながら2つの世界線を生きているような感覚なのです。

 

 

 

たとえば先日、ライフラインことAmazonから同じCDの「初回限定盤」と「通常版」が一日差で届きました。

 

きっと酔っ払いながらポチったのでしょう。(´・ω・`)

 

また、そのCD事件の数日後には緊縛入門書ロープを購入していたらしく、ご丁寧にそれらは同一梱包で届きました。緊縛ハッピーセットかよ(*´n`*)

 

とはいえ、届いてしまったものは仕方ない。

 

そこに山があるから登るという登山家のように、そこに緊縛入門書とロープがあるのなら縛りたくなるのが人の道です。

 

一計を案じたぼくは、映画「免許がない」の舘ひろしのパンチラインである「ハンコ捺してくれよっっ!!」みたいな剣幕で「縛らせてくれよっっ!!!」と言ってみたのですが華麗にかわされてしまったので、やむなく一升瓶を相手に亀甲縛りの練習をする毎日です。(どなたか縛らせて下さい)

 

 

 

 

 

 

 

 

酩酊状態の時は購入ボタンをクリックせず、翌日、起きてから再度検討するというのはどうよ。

多くの人は異口同音に指摘します。

 

 

おっしゃる通り、一点も非の打ち所のない完璧なアドバイスでです。

 

 

しかしそれがままならないのが酒の怖さなのです。

 

 

とにかく迷いが無いというのが、一番の敗因なのではないでしょうか。

 

これまでは優柔不断なタイプだと自認していたぼくも、さすがに不要なものをポチりすぎるので「実はオレって躊躇のないタイプだったんじゃないかな」と自己認識をメタモルフォーゼさせるまでに至りました。

 

 

 

・決して迷いのないマイライフ、金と時間の無駄遣い。

 

 

うだるような8月の後半でした。

 

「早くないっすか?!」

 

環八通りを照りつける太陽にあぶられながら行き着いた先のバイク屋の店主さんに言われた一言に、ぼくは思わず吹き出しそうになりました。

 

店主さんは自分の商売を忘れて続けます。

「いいんすか?」

 

入店後10分で中古のバイクを即決し、その場でネットバンキングから購入代金を振り込んむぼくのようなケースは珍しいらしく、店主さんは半笑いです。

「決断、早くないっすか?!」

 

20万円のものを購入するにはカジュアルすぎる。

 

そう、どうやらぼくはシラフでも躊躇なく決断するタイプだったようです。

 

ともあれ、その足で住民票をゲトって購入手続きは完了。

 

あとは納車を待つだけ。

 

 

 

 

 

 

・・・・・のはずでした。

 

 

 

 

 

 

しかし待てど暮らせど納車の連絡がきません。(´・ω・`)

 

シャ乱Qの「ズルい女」の「来ない、来ない、来ない、来ない、来ない、あんたは~♪」が頭のなかでリフレインする毎日。

 

購入手続きから一ヶ月が経過する頃には、もはや「バイク=あんた」に脳内変換されるくらいシャウトするつんく♂。

 

会えない日々が恋慕を育む。

そう信じて待つ甲斐甲斐しいぼくの忍耐の限界が見えはじめた頃、ようやく納車されるバイク。

 

 

購入したバイクは30代のおじさんが乗るには痛々しいカスタムのビッグスクーターで、東京の街に全然馴染まない。

 

その上、電気系統が致命的に弱かったのです。。。。。。

 

 

 

・よっしゃ乗るぞ~ヽ( ´・ヮ・`)ノとりゃ!!

 

 

納車の数日後でした。

 

 

終電を逃した友人を送ろうとバイクに跨ると、エンジンがかかりません。

 

 

 

 

ん???(・∀・)

 

 

 

 

キュルルル・・・・・

 

 

 

 

 

セルを回すも、エンジンはうんともすんとも言いません。

 

 

 

 

キュルルル・・・・・・ぷすんっ。。。。

 

 

 

 

 

 

キュルルっ・・・・・

 

 

 

 

 

どうやら、バッテリーがあがっているようです。

 

ディズプレイで確認すると、不十分な電圧しか供給されていません。

 

 

 

 

ぐぬぬ。ぐぬぬぬ。(´;ω;`)

 

 

 

 

電気系統が弱いカスタムのビッグスクーター。

ちょいブスのメンヘラ女子みたいで、超ワタクシ好みです(*´∀`*)

 

 

 

 

「まったく、世話のやける子だなぁ~」ヾ(・ω・*)なでなで

 

 

 

 

まさかバイクのバッテリーを、納車一週間で交換するハメになるとは。。。。。

 

 

 

 

 

そうです。

 

 

いくら躊躇なく即決で購入したバイクでも、納車には一ヶ月以上待つし、ソッコーでバッテリーがあがるのです。

 

 

 

 

 

これからは皆の忠告をよく聞いて、不用意にポチったりしないように気をつけよう。

秋空の下、自分自身にそう誓った次第でございます。

 

 

 

 

というわけで、これからは終電を逃したお客さんをバイクで送迎するサービスをはじめようかなと思っております。イエイ。

 

よろしくお願いします。